読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に会社を辞めても大丈夫か?

会社に頼らない生き方を探し続ける苦悩の日々

オレの人生の方針はオレが決める!!

今日、餃子の王将に行ったときに、厨房の餃子の煙がちゃんと換気扇に吸い込まれていくのをみて思い出したことを書きます。

ちょっと前に某グルメドラマ紹介されていた都内のホルモン焼肉屋では、3つぐらいのテーブルでホルモンを焼きだすと、換気が悪くて店の中が煙で真っ白になって、思わず主人公の人は店の外に出てしまうほどでした。そのお店はチェーン店ではなく個人経営の店で、そのドラマでは、その感じが逆にいい!みたいな感じで紹介されていて、店の人も「そうなんですよね〜」なんつってヘラヘラしてました。

自分はそれを見て「いいなぁ」と思ってしまいました。

換気の設備をきちんと整えてもいいんだけど、あえてそのままにして、味としてアピールするっていう。そこまで考えてないかもしれませんけど。少なくとも番組側はそうとらえてたみたいです。

個人でやってるからできるんでしょうね。会社だったら似たようなことやろうとしても絶対ダメでしょうね。そうでもないか。平社員がやろうとしてもダメでしょうね。偉い人は割と「それ絶対ダメでしょ」ってことを普通にやってたりするような気がしないでもない。っつって。

何が言いたいかというと、自分で方針を決められるっていいですよね。大多数の人にいいと思われなくても、わかる人にだけいいと思われればいいやっていう。間違ってたら直せばいいやっていう。まぁ、間違ってたら自分が苦しくなるんですけど。

とは言え会社だって、方針は会社が決めておいて、間違って業績が悪くなったら、「君、会社やめてくれない?」とか言っちゃうんですよね。方針は決められないけど、間違ってたら苦しくなるのは自分っていう、納得いかないこの状況。逆に言うと、自分で方針決められないから会社に決めてもらってるとも言えるんでしょうか。苦しくなるのが自分だとしても。

以上のことを考えて会社員としてとるべき方針としては、
・いつ肩を叩かれてもいいように準備をしておく。
 →でも、準備をするには拘束時間が長過ぎる。
その中で今自分ができることは、
・年次休暇をできるだけ消化する。
これが結論です。

ご清聴ありがとうございました。
よければ、コメントください。