読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に会社を辞めても大丈夫か?

会社に頼らない生き方を探し続ける苦悩の日々

これは失敗ではない

含み損8千円で週末を迎えてしまいました。週明けには回復することを期待してます。

なんでこんなことになったかというと、木曜の夜中に豪ドルが急落して一旦落ち着いたので、これは底だ!と思って思わず買ってしまいました。前回の記事で”今日はもうやめとく”って言ってたにもかかわらず。金曜の朝起きたらさらに同じぐらい急落してて、自分の気分も同じぐらい急落しました。

その後、いまいち回復しなかったんですけど、22:30にアメリカの経済指標の個人消費支出(?)が発表になるからそのとき乱高下するって言う話を本で読んだことがあったので、さぞかしそのときに回復するだろうと思って、金曜の業務時間は乗り切りました。家に帰ってドキドキしながら、それまでに食事も風呂も済ませて準備万端でチャートの画面の前でスタンバってました。

22:30になったとき急に20銭ぐらい上がったので、コレキタ!と思ってさらに買い増したら、その後また下がってそれ以上二度と回復せず含み損の上塗りでした。後から見たら、クロス円で米ドルもポンドもユーロも1円ぐらい上がってたのに、なんで豪ドルだけ上がらねーんだ!

一時は2万円近く含み損が出てたんですけど、土曜の朝起きたら含み損8千円ぐらいに戻ってきてたので、ちょっとほっとしてます。途中で何度も損切りしようかと思いましたが、強制ロスカットにはなりそうもなかったのもあって、ここは我慢のしどころだということで、今のところ耐えてます。ちなみに、強制ロスカットのルールはまだちょっとよくわかってないです。

今回の教訓

・ある国の経済指標の発表は、他の国の通貨には関係ないことがある。だから、発表のあった国の通貨で取引すべき。
 当たり前かもしれませんが、海外経験が少ない自分は、”米ドルも豪ドルも一緒でしょ。どっちもドルだし”と思ってました。違うんですね。

・チャートを頻繁に気にしすぎて、あんまり超短期で考えないようにする。
 一瞬落ち着いたと思ってもさらにくることがあるから、その瞬間だけのチャートで判断しないようにしないとまずそうですね。冷静さを失わないようにしないと。

・スマホのチャートばっかり見てると目が疲れる。
 自分のパソコンはMacですけど、今使っている口座があるSBI FXTRADEはMacに対応していないので、スマホで見るしかないんです。

せっかくMac買ったから、Macが使える業者に変えようと思ってます。しかもSBI FXTRADEはスプレッドが狭いのが魅力だったのですが、ちょっと調べたら、取引量が多いと他の業者のほうが安いみたいです。
以上の二つより、今の第一候補はDMM FXです。サイト出ている清原さんの顔が怖いんですけど、そこは我慢します。


今回あらためて失敗について実感しました。
今回のことが失敗と言えるかどうかわかりませんが、失敗してもそこから学んで次に生かせればそれでいいと思います。それより、失敗を恐れて小さい範囲でしか活動しないで大きな成果は得られないことのほうがよくないと思います。失敗したことなんてどうでもよくなるぐらい大きな成果が出ればいいんです。それを目指してます。自分の尊敬する東工大の松沢教授も最近の業界に対して似たような話をしたそうです。

ということで、自分も今回のことにめげずに、大きな成果を目指して、これからもいろんなことにチャレンジしていきます。FXではもっとリスクをとって取引量を増やしていこうと思っています。