読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に会社を辞めても大丈夫か?

会社に頼らない生き方を探し続ける苦悩の日々

なぜブログを書くのか?

ある本を読んで、会社だけに頼って生きていくのは無理があるだろ、何か別のことをやらないと、と思ってとりあえず始めたのがブログです。会社を辞めた後の収入源として期待していないこともないんですけど、それよりも会社とは別の仕事というかプロジェクト(って言うと大げさな感じですけど)を持つことによって、会社以外に考えることが出来て、会社の出来事を必要以上に深刻に考えなくなるようにとか、頭を切り替えることで冷静に会社のことを考えられるように、と思ってはじめてみました。

ほかにも、ブログを書くと文章を書く練習になると思って書いています。人に読まれることを意識して文を書くので、文として成立するように、読んで意味が分かるようにしています。当たり前ですが。。。普段、文を書くのはメールの短文ぐらいなので、ある程度の長さの文を書く機会としてブログはいいと思います。伝えたいこともたいしてない中で、文を生み出していかないといけないことも、いい修行だと思います。文を書く能力をつけて、今後どう役に立てるか、まだ考えていませんが。。。

あと、友達と飲みにいって話すような内容を書いているので、飲みにいく必要性が減ってきて、飲み代がちょっと浮いていると思います。ブログはコストがほとんどかからないので、経済的に有効な気がしています。

あとやっぱり、自分と同じようなことを考えている人って結構いると思うので、そういう人たちに共感してもらいたいとか、コメントをもらうことでアドバイスをもらいたいという気持ちもあります。自分の中で答えが出せていない状況を吐き出すことで、誰かが答えを教えてくれないかなぁ、とかいう甘い考えもあります。

それ以外で、よく言われる日記代わりの使い方で、自分の考えたことを残しておけるっていうのがあるとおもいますが、結局ほとんど読み返してないので、この使い方はあんまりしていません。

逆に、デメリットというか、気をつけていることもあります。
ブログは不特定多数の人が読むものなので、どこでどう伝わるかわからないので、人の悪口は出来る限り言わないようにとか、自分を特定できる個人情報をどこまで書くかとか、あんまり否定的なことは書かないで出来るだけ前向きに書いていこう、その中でメリットデメリットを考えて自分なりにどう折り合いをつけるか結論(までいってないですけど)を出していこうとしています。

ブログを書くときの考え方については、この前読んだ本で勉強しました。すでに有名になってるブロガーの本だったので、有名じゃない自分には参考にならない部分もありましたけど。

いろいろ考えているつもりですが、結局ブログを書くことが、会社を辞めるのにプラスになっているのかどうかよくわかっていません。そんな中、ブログを書いています。