読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に会社を辞めても大丈夫か?

会社に頼らない生き方を探し続ける苦悩の日々

大家になるまでの長い道のり

不動産投資について本を読んだり、ネットで調べているうちに、いろいろわかってきたので忘れないように書いておきます。

不動産投資に限らず、会社とは別の収入があると確定申告する必要があって、それをやると翌年の住民税額がかわってきて、会社にばれるということになるらしいです。でも、確定申告するとその収入のために使ったお金は経費として計上できるため、所得税と住民税が安くなるらしいです。(「らしい」ばっかりで申し訳ないですけど。)とは言え、収入源を確保する前に会社にばれてクビになるのもばからしいので、収入が無いうちから経費を計上して税金を減らそうというセコいまねは諦めました。

会社の就業規則を見たら、懲戒の対象として、副収入に関する項目は以下のように書いてありました。(うろ覚え)「会社に許可なく、他の会社と雇用関係を結んだり会社役員になるなどして、本人または本人以外の個人の利益を目的とした活動を行い、業務に支障をきたした場合」
ということは、・会社の許可があるか、・業務に支障をきたさなければ、副業はOKともとれます。実際は、総務のさじ加減ってことでしょうね。不動産投資だと会社を説得しやすいとか本には書いてありましたけど、元から持ってたとか、親からもらったとか、新しい家に引っ越すから古い家を貸すとかで収入を得るなら大丈夫そうですけど、自分から買いにいったというのは、ちょっともめそうじゃないかなと思うんです。
ついでに会社の住宅ローンも調べてみたら、自分の住居用の住宅ローンに対して金利の一部負担だけみたいです。使えねー。ほかにも労働組合で住宅ローンあるみたいですけど、そっちは未調査です。住宅ローンは税金の控除の対象になるので、家賃払ってるより買った方がいいっぽいですね。そもそも賃貸不動産は、貸す人が買った金額に利益を乗っけて貸してるので、買った方が貸してる人の利益の分、得と言えそうです。次引っ越すときは買っちゃいたいなと思っています。とりあえず物件を自分の家として買って住んで、ローン終わったら引っ越してそれまで住んでた家を貸す、って言うことをやろうかなとも思ってます。まぁ、それだけだと家賃収入が会社やめてもいい月収に到達するまで10年以上かかりそうなので、ほかにも考えないといけないのですが。

今の所の気持ちとしては、最終的には家賃収入で生活費を稼げる見通しがたって会社を辞めたいと思っていますが、まだちょっと勉強が足りないことと、自己資金が足りてないと感じています。自分の嫌いな融資を受けるにしても。
自己資金を増やす方法で、会社にばれても良さげなもので考えたとき、株とか投資信託とかだと会社的にも、貯金の延長ぐらいのものとして文句言えないんじゃないかなと思っています。特に今考えているのが為替取引というかFXです。手数料が安いってのと、選択肢が少ないってとこが魅力だと思っています。あと、株と投資信託は過去に失敗していることもあります。まぁ、リスクはありますが、コントロールできるように勉強します。勉強、時間かかりそうだなぁ。