読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に会社を辞めても大丈夫か?

会社に頼らない生き方を探し続ける苦悩の日々

結局税金は減らなかった

給料の結構な割合を税金に持ってかれてるということで、節税に関する本がないかと本屋に行ってぶらぶら探してたら、見事にありました!!しかも最近出たばっかり。最新情報が載ってるはずです。さぞかしこれ読んで実行すれば、税金半分ぐらいになるんだろうなぁ、と思って読んだのですが、やっぱり世の中あまくはないですね。自分の場合はあまり適用できなそうです。

この本に載ってるサラリーマンの節税方法は、以下の4つ。
ふるさと納税をして特典をもらう。
・扶養している人を増やして、扶養控除を増やす。
・医療費控除を増やす。
・住宅ローン控除

ここであんまり詳しく書いていいのかどうかわからないので、簡単に書きますが、ふるさと納税は、住民税をふるさと納税の特典が出る自治体に納めると、特典の分(-2000円)お得というものです。特典はだいたい5千円相当のものが多くて、ざっくり言うと2000円で特典を買ったのと同じです。で、自分は特に2000円出してまで欲しい特典はなかったので、手間かけるほどの魅力はなかったです。
扶養控除については、以前申請しようとして総務に問合せたのですが、基準が厳しくてダメでした。この本を読んでる限りだと、税務署の基準より会社の基準の方が厳しいみたいです。なんなんだ会社。
医療費は、ほとんど医者行かないし、栄養ドリンクも薬も使わないからダメ。
住宅ローンなんてそんなに長い期間同じ所で働けるかどうかわからないので、これもダメ。

結局全部ダメっていう。

国税庁はムカつくってことだけあらためてわかりました。
会社辞めたら、また税金対策考えよう。